ガン保険の必要性

保険というのは、ガン保険でも医療保険でも生命保険であっても、いざというときのために加入します。

 

ガンを含め病気や怪我をして通院、入院をするとお金がかかります。誰も好きで病気や怪我をするわけではありませんから、予定外の出費であることがほとんどでしょう。

 

十分な貯金があればよいですが、そうでない場合には家計に相当な負担となることもあり得ます。その負担をカバーするために保険に入っておくのです。貯金が多いほど保険のメリットは少なくなり、加入の必要性はなくなるでしょう。

 

では、ガン保険に限定して入る必要があるのかを考えてみます。ガンの治療は高額になり、ガン保険に入っておかないと賄えないのではとのイメージを持つ人が多くいます。

 

ですが、保険適用の治療であれば3割の自己負担で済むのです。高額療養費制度を利用すれば、1か月の負担は10万円以下で抑えられるはずです。

 

また、通常の医療保険でも、ガンでの入院や手術に対しての給付金は支払われます。

 

ガンになったときに先進医療を受けたいというなどの理由がなければ、ガン保険に入る必要はないと考えてもよいでしょう。

 

ただ、いわゆるガン家系であるなど、早くからガンになる可能性が高いと推定される場合、ガン保険に入っておくのはよい方法ともいえます。

 

医療保険のみでも大丈夫?


医療保険は、さまざまな病気や怪我に対応しており、ガンももちろん含まれています。

家計

 

保険適用の治療であれば、ガンであっても医療保険の保障を受けられます。一方ガン保険は、ガンに特化した保険ですから、ガン以外の病気や怪我では保障を受けられません。

 

ガンの治療で気になるところの1つが、高額な治療費でしょう。ですが、これはイメージが先行している面が多いのも事実であり、通常の治療であれば保険適用の範囲内で特別に高額になることはないのです。

 

ですが、先進医療を受けるとなると話は異なります。1度の治療で何百万円とかかることも多く、家計にとって大きな負担となります。

 

ガンになったときに先進医療を受けたいと考えているならば、ガン保険に入っておいた方が安心ともいえます。最近は、先進医療の保障を受けられるように特約を付加できる医療保険も増えてきています。そういった保険に加入するというのも選択肢の1つです。

 

ガンの治療費は、進行具合やどれくらいの治療を望むかによっても大きく異なります。そのため、医療保険に入っていれば大丈夫と絶対に言い切れるものではありません。

 

ですが、医療保険でもガンにかかる治療費の多くをカバーできます。医療保険とガン保険、どちらかを選ぶのであれば医療保険にし、特約を付加するのがよいのではないでしょうか。