脱毛サロンの光脱毛って何?

脱毛エステサロンで行っている施術方法は、大半が光脱毛と呼ばれるものです。これは光を毛穴に照射することによってムダ毛を根本的な部分から撃退するという施術方法なのですが、光と言ってもいくつかの種類があり、フラッシュ脱毛とかIPL脱毛、SSC脱毛など、サロンごとに異なる名称が使われていますよね。脱毛エステごとに異なる種類の脱毛マシンが使われていますが、どれも「光を照射する」という広い範囲では同じカテゴリーに分類されています。

 

この光脱毛をする事によって、どんな風に頑固なムダ毛が撃退されるのかはご存知ですか?これらの脱毛においては、特定の周波の光を毛穴の奥に潜んでいる毛母細胞を狙って照射していきます。毛母細胞はいくつかのゼリー状をしたタンパク質でつくられていて、光を照射することによってメラニン色素から作られている毛母細胞が熱反応します。この際、ゼリー状のたんぱく質が熱によって凝固し、毛母細胞がもう再生できない状態になってしまうわけですね。イメージとしては、毛穴の中にドロドロの生卵があり、そこに熱を加えることによって生卵のたんぱく質が凝固してゆで卵になると言ったところでしょうか。ゆで卵のように凝固することによって、毛穴の中からツルリとムダ毛が抜け落ちるというのが、脱毛エステサロンにおける脱毛のメカニズムとなります。

 

ちなみに、クリニックで行う医療レーザー脱毛の場合には、レーザーを照射するわけですが、基本的なムダ毛が抜け落ちるメカニズムは光脱毛もレーザー脱毛も同じです。ただし、何を照射するかという点が大きく異なるほか、痛みや一度の照射で施術できる範囲が異なります。

 

脱毛サロンにはどのくらいのペースで通うの?

脱毛エステサロンでの施術は、ムダ毛が生える毛周期に合わせて行うことがとても大切です。ムダ毛に限らずどのような毛にも毛周期があり、毛がのびる成長期、成長が止まる後退期、そして毛穴の中に毛が生えていない状態で新しい毛を発毛するための準備段階となる休止期に分類できます。このうち、脱毛サロンでの施術によってムダ毛を根本的に撃退できるのは、成長期にあるムダ毛だけなのです。

 

ムダ毛は、生えている部位によって毛周期が異なります。そのため、どの部位を脱毛するのかによって、どのぐらいのペースで通うのが良いのかという点も異なりますね。例えば、両わきの脱毛なら1か月おき〜2か月おきぐらいのペースが理想的ですが、ひざ下などは毛周期が長いため、2か月〜3ヶ月おきぐらいのペースが良いでしょう。

 

毛周期のタイミングが合っていないのに施術をしても、残念ながら脱毛効果を得ることはできません。そうすると、せっかく費用を支払っているのにもったいないですよね。脱毛をスタートしたばかりの頃には、それぞれ毛周期がバラバラのムダ毛たちがたくさん生えているので、定期的に施術をする事によって毛量を確実に減らすことができますが、毛量が少なくなってきたら、残っているムダ毛の毛周期を確認しながら予約を入れるという方法がおすすめです。

 

光脱毛の効果ってどうなの?痛みはないの?

脱毛エステサロンで施術を受ける場合、照射出力をある程度調整することができます。痛みを感じやすい人なら、出力を下げて弱めの照射をする事で痛みコントロールができるのですが、出力を低くすることによってどうしても脱毛効果は低くなってしまいます。そのため、光脱毛をする際には、照射出力によって得られる効果、そして痛みが大きく関係してくるのです。

 

照射出力を高くすると、一度の照射で毛母細胞に与えられるダメージが大きくなります。しかし、メラニン色素に対して強い出力で照射をし、大きな熱エネルギーを作り出すため、痛みは強く感じてしまいます。特に、脱毛を始めたばかりの時期には、k量が多いために一度の照射で反応する毛母細胞の数が多く、痛みは強くなりやすい傾向にありますね。我慢できない痛みで施術を受ける必要はありませんが、完全な無痛レベルの照射だと、ツルツルのムダ毛レス肌になれるまでには他の人よりも長い時間がかかってしまうかもしれません。

 

一方、照射出力を弱くすると、痛みを軽減することができるというメリットがあります。しかし、作り出す熱エネルギーが弱くなるため、毛母細胞を完全に撃退することが出来ず、ムダ毛が再生しやすいリスクは高くなってしまいます。ゼリー状の毛母細胞は、強い出力で完全に凝固させなければ、残された毛母細胞が増殖して再びムダ毛を作り出してしまうという性質があります。そのため、弱めの出力で施術をして毛穴からムダ毛がポロリと抜けたとしても、毛穴の中に毛母細胞が少しでも残っていると、そこからムダ毛が再生してしまうのです。

 

カウンセリングから脱毛までの流れは?

脱毛エステサロンで施術を受ける際には、最初にカウンセリングを受けることになります。このカウンセリングでは、光脱毛がどんなメカニズムで永久脱毛できるのかという説明をしてくれたり、肌質をチェックして光脱毛が受けられる肌かどうかという点についても判断してもらうことができます。アトピー肌の人や、こんがり日焼け肌の人だと、この時点で場合によっては「この状態では難しい」と施術を断られてしまう可能性があるので注意した方が良いでしょう。

 

一通りカウンセリングを終えると、多くの脱毛エステサロンではトライアルとして施術を受けてみることができるシステムになっています。このトライアルを受けてから本契約するかどうかを決めることができるので、カウンセリングの時に契約する必要はありません。もちろん、すでに別の脱毛サロンに通った経験があったりして、トライアルのあとには契約することを決断している場合には、カウンセリングの時に契約できるサロンもありますよ。

 

本契約をすると、最初の予約を入れてから帰宅することになります。ここで理解しておきたいのは、サロンによっては予約を直前でキャンセルすると、一回分の施術を受けたとカウントされてしまうことがあるという点です。そのため、生理のタイミングなどを考えながら次の予約を入れることが大切です。